朝のルーティーンの見直し

皆さまがぐっすりとお休みされている就寝中に、お口中の状態はどのような環境になっているのでしょうか。お休み中の口内環境は、寝起きに皆さまが感じているネバネバ、口臭、ドライマウスなどの諸症状を生み出すもととなっているはずです。一般的には、就寝中の口内は唾液の分泌量が少なくなることから、口内環境の状態は悪くなる傾向にあるようです。就寝中はお口の中に繁殖している良い菌と悪い菌の活動が、悪い菌の方が活発になると考えられています。就寝中に分泌が減ってしまう唾液の成分には、抗菌な免疫など、お口の中の浄化作用を促す働きがあるため、唾液の分泌が減ってしまうことは、お口のバリアーが弱まってしまうということになります。皆さまが、朝、目が覚めた時に一番最初に行う毎朝のルーティーンはどんな事柄でしょうか。目が覚めて、真っ先に朝食を召し上がるという方は、ワンクッションを置いて寝起きの歯磨きorうがいはいかがでしょう。寝起きの口内環境は、雑菌の繁殖が活発になっているため、歯磨きやうがいをせずに朝食を召し上がってしまうと、口内の雑菌がそのまま体内に入り込んでしまう可能性が高まるようです。