「歯周病」の予防について

「歯周病」は、主に高齢者の口内トラブルとして認識されている方にお伝えしたいのですが、30歳以上の日本人男女の8割に、歯周病菌の感染がみられているようです。

年代的にはご自身も含まれているとお感じになられた方にご注目いただきたいのは、「歯石」であります。

年に数回歯科検診に行かれている方は、ドクターから「歯石」の除去をススメられたことがあるのではないでしょうか。

「歯石」はまさに「歯周病」の予備軍であるとご説明しても過言ではないほど、口内トラブルの悪の根源であると考えられているようです。

「歯石」は、皆さんのお食事の際の食べカスが、口内にたまることによって、歯周病菌やその他の悪い働きをする細菌たちのエサとなってしまうようです。

お口の中の歯周病菌の働きを活発化させないためにも、まずは30代を迎えたら、口腔ケアとして定期的に歯科検診を行い、口内の歯石のクリーニングを試みませんか。

歯石は定期検診で一度除去したとしても日常的に正しい口腔ケアが行われていないとすぐに繰り返してしまうものです。

生活のリズムの中でのセルフ口腔ケアと、定期歯科検診のように専門家のアプローチが肝心です。

                     

Dentistrygallery 歯のための様々な治療法のTOPへ